カトリック高輪教会

TOPICS

第4回オンラインアルファ@カトリック高輪教会(2022年12月9日(金)~)開催のお知らせ

ファイルイメージ



2022年08月06日(土) 歴代司祭の思い出<古川 正弘 神父>を追加しました


<古川 正弘 神父>


2005年4月から2011年8月まで主任司祭

神田生まれで浅草育ちの江戸っ子で、自身を瞬間湯沸し器とも表していました。
みことばを大切にする神父は、叙階35周年記念に聖櫃前の祭壇用聖書を信徒に贈りました 。毎年11月3日に、その年に亡くなった方とクリプトに眠っている方のために、教会をあ げて「命日祭」を行うことを提案しました。今では多くの遺族の方にキリスト教を知って いただくよい機会となっています。
サレジオ会のフランス・ヘンドリックス神父製作による聖堂内ステンドグラスの十字架の 道行きも、古川神父から寄贈されたものです。
病に侵されても常に前向きで、最後まで祭壇に立つことを望んでいました。
   
2011年8月8日 帰天

古川正弘神父 ―走るべき道程を走りとおしー(テモテⅡ4-7) 

古川師は2005年4月に高輪教会の主任司祭として着任され、帰天までの7年間を癌と闘いながらも神のもとで力いっぱい働かれました。

2009年は高輪教会献堂50周年にあたり、江戸の殉教者記念祭も50回目。岡田大司教を迎えて札の辻でミサが行われました。同時に50周年記念誌も発行され、古川師のもとで私たちはこの節目を迎えたのでした。

「札の辻で命を捧げた殉教者を想い起こし、自らをキリストのしるしとして整えなおすこと。これこそが50年を祝い感謝すること。キリストのよきしるしとなれますように。」 ―献堂50周年記念誌の古川師の挨拶文より

古川師の思い出としてわたしたちの目に見える形で残るものは、高輪教会へプレゼントされた祭壇右奥の大きな聖書、そしてサレジオ会のフランス・ヘンドリックス師に依頼して、彼の最後の作品ともなった聖堂壁面の「十字架の道行き」のガラスアートなどがあげられます。

高輪教会で毎年11月3日に行う命日祭は、古川師の提案で始まったことです。高輪でご葬儀を挙げた方やクリプトに眠る方々の多くの遺族に、キリスト教を知っていただく良い機会となっています。

教会で七五三の祝福をするようになったのも古川師の発案です。日本古来の風習で子どもの成長を祝う七五三を、神社でなく教会でもやったら良いという考えからでした。新聞に取り上げられ、記事の中の「祈祷料は不要」という文章に大笑いされていました。

以下には私の個人的な思い出として印象に残ったことを記します。

神田生まれ浅草育ちの生粋の江戸っ子で、曲がったことが嫌いなご性格だった古川師の「瞬間湯沸かし器」と自称されるような場面に出会うこともありましたが、典礼部と入門講座の係として働いた時の思い出です。

典礼部:毎月1度行われる部会のほかに「典礼の意味や構造を一緒に勉強しよう」とテキストを使って典礼の勉強会が数回行われました。着任早々の忙しさにもかかわらず時間を割いてくださり、私たちも必死で付いていきました。

ところが高輪に赴任されて間もなく、ご自分では口内炎と思っていた症状が実は口腔癌だと診断されて手術。そして間もなく主日のミサに復帰されました。「商売道具の口が思うように動かない」とこぼされていましたが、ご自身のひそかなリハビリ努力の結果その異変にはほとんどの方が気づかれなかったようです。

誰もが認めていた古川師の福音朗読はとても心に響き、日曜日のミサが楽しみでした。後で知ったことですが、日本を代表する新劇俳優の山本安英さんが主催する「ことばの勉強会」にも、若いころ参加されていたとのことです。司祭としての大事な役割「神のみことばを伝える」を真剣に受け止められ、同時に本物志向の神父様の一面を知りました。

第二バチカン公会議後、カトリック教会では信徒が朗読奉仕を行うようになりました。聖書朗読は普通の朗読とは違います。そこで古川師に「主日ミサで朗読奉仕をする人のための指導」をお願いしました。慎重なご準備の後、聖書朗読の重要性、聖書の読み方と聖堂での朗読の実際を指導してくださいました。わたしたちはミサ典礼での聖書朗読の重要さを改めて知ることになりました。

入門講座:講座のお世話係は信徒の役割でしたが、古川師は「入門講座に信者さんは出てこないでほしい。難しい質問などで受講者を委縮させるから」と言われました。でも私たちは静かにその仕事を続けました。そして1年ほど経ったころ古川師は「同席してくれる信徒の存在はありがたい。助かります。」と言われたのです。ご自身の考えの変化をはっきり伝えられるその謙虚さに驚き、それはまた江戸っ子的心意気のようにも感じられました。

入門講座ではテキストのほかに、永年蓄積されたご自分の膨大な資料の中からその週の講義に合うものを選びコピーして使いました。茨城のり子(詩人)、サン・テクジュベリ(星の王子様他)、レオ・レオニの絵本、谷川俊太郎の詩や文章などなどです。こうして私たち世話係は入門講座の方々とともに、よりキリストを近く感じるようになり、硬くなった頭と心をやわらかく更新するという大きな恵みをいただきました。

古川師は2010年4月に膵臓への癌の転移が見つかり手術。その後の闘病生活中も司祭職を休まず働かれていましたが、1年後の2011年8月8日に67歳で神様のもとに帰られました。私たちは古川師と出会って7年間、特に最後の1年は命を削るように力を振り絞って働かれる姿を目の当たりにしました。最後まで入門講座の受講者のことを気遣われていたのが思い出されます。

古川神父様、あなたが天国へ帰られるまでの最後の7年間高輪教会の私たちとともに居てくださったことは素晴らしい恵みでした。ありがとうございました。

(長冨 由紀子 様)



2022年04月21日(木) 結婚式申し込みにつきまして


Vol.123(2022年04月)「主の復活を信じること」(赤岩 聰 師)

「わたしの希望キリストは復活し…ともにたたえ
告げ知らせよう 主キリストは復活された」
復活の喜びのうちに、教会共同体は復活の8日間のミサの中で「復活の続唱」を歌います。復活祭を迎えて、「復活の続唱」を歌っても、「ご復活おめでとうございます」という挨拶をしていても、何となく心が晴れないのは、新型コロナウイルス感染症の影響で、世界規模で深刻さを増す社会的・経済的危機による閉塞感を感じるからだけではないでしょう。その原因は、この文章を書き終えた時点(※4月5日)では、まだ解決の糸口が全く見えないウクライナ情勢から来るものであります。
ロシアがウクライナヘの軍事侵攻を開始したことに対して、多くの人が衝撃を受けたことでしょう。何か悪い夢を見ているような印象を受けた人もいると思います。現代において、国際連合の常任理事国である大国が現実に軍事侵攻することなど考えていなかった人が多かったかもしれません。
しかし、この侵攻を受けて、「戦争に勝利はありません。あるのは敗北だけです。主が聖霊をおくり、戦争は人類の敗北であり、むしろ戦争自体に打ち勝つことが必要だと、わたしたちに理解させてくださるように」1と祈る教皇フランシスコは、兄弟愛と社会的友愛をテーマにした回勅『兄弟の皆さん』の中で、「戦争は過去の亡霊ではなく、たえず脅威であり続けています」2と警告し、「戦争は、一見したところ人道的、防衛的、予防的なあらゆる口実を建前にし、情報操作すら利用して、安易に選択されています」3を、まるで今回の侵攻に関して言及するかのように語っていました。
今回の軍事侵攻を通して、私たちに示されたことは、今まで当たり前のように享受していた平安な日々の生活は決して当たり前のものではなく、恵みとして与えられていたということです。教皇は、パンデミックを「嵐」に喩えて、「嵐はわたしたちの弱さを露わにし、偽りの薄っぺらな信頼を暴きます。そうした信頼のもとに、わたしたちは日常の予定、計画、習慣、優先事項を決めているのです…嵐はそれを見せつけます」4と述べていますが、今回のように「平和」を打ち壊すものを「嵐」に置き換えることもできるかもしれません。
そして、「平和は永久的に獲得されたものではなく、たえず建設されるべきものである」5を定義されているように、「平和」は一度、実現したらそれで完成するものではありません。現教皇は独特の語り口で、「聖霊の働きによって、わたしたちは異なる文化や宗教の人々とともに•平和を形づくる「職人」になることができます。平和は手で作るものです。平和の工場などありません。平和は、開かれた心で、毎日、手で作るものです」6と表現しています。平和が簡単に崩れ去っていく現実に直面している私たちキリスト者は、それでもなお、こうした呼びかけを通して、平和の実現のために絶えず祈り続け、働き続けるよう召されています。
主の復活を信じるとは、キリストの復活を通して示された神の力は、「すべてを、たとえそれが悪い出来事であっても、よいものに変え」7ることができ、そして、 「苦しみと死を『飛び越える』のではなく、深淵の中で道を切り開き、それらを過ぎ越すことで悪を善に変え」8、悪の根を断ち切る勝利をもたらすことができる ということを信じることでもあるでしょう。
高輪教会の皆さん、ご復活おめでとうございます。
復活の希望のうちに、平和のために祈り続け、働き続ける私たちでありますように。


高輪教会 主任司祭
  マリア・フランシスコ 赤岩 聰


1 2022年3月23日(水)、一般謁見の席で
2 教皇フランシスコ回勅『兄弟の皆さん』(2020年10月3日) p.256
3 同上、p.258
4 教皇フランシスコ『パンデミック後の選択』(カトリック中央協議会、2020年)、p.26
5 第ニバチカン公会議『現代世界憲章』p.78
6『教皇フランシスコ講話集2』(カトリック中央協議会、2015年)、pp.162-163
7 教皇フランシスコ『パンデミック後の選択』(カトリック中央協議会、2020年)、p.29
8 同上、p.37