カトリック高輪教会

TOPICS

2019年11月17日(日) 第60回江戸の殉教者記念祭



 第60回江戸の殉教者記念祭を11月17日(日)に開催いたします。
高輪教会での「江戸の殉教者記念ミサ」(10:00)は森司教と赤岩神父、札ノ辻での「江戸の殉教者記念式典」(12:30)は森司教および麻布教会主任司祭江部神父、協力司祭 マルコ神父、目黒教会主任司祭 宮下神父、そして赤岩神父の司式で行われます。
また関連行事として、10月14日(祝・月)には「浅草教会から高輪教会」までの巡礼を予定しています。
このほか、子ども劇やパネル展示など様々な準備を進めておりますので、詳細が決まり次第追ってお知らせいたします。

江戸の殉教者記念祭とは

徳川3代将軍家光は、キリシタン迫害政策を強化し厳重にしました。 1623年(元和9年)12月4日、宣教師を含む信者50名は小伝馬町の牢から 江戸市中を引き回され、東海道沿いの札の辻(現在の田町駅付近)から 品川に至る小高い地で、火刑に処せられました。
 中でも、下総(千葉)六万石の臼井城々主の長男、原主水がキリシタンの 中心的人物であったと記録されています。原主水は駿河城で家康に 仕えていましたが、キリシタンと判り、手足の腱を切られて追放され、 江戸に潜んでいました。それでも外国人宣教師と協力し活動を続けましたが、 密告により捕らえられ、炎の中で神に命を捧げました。
 その後数年にわたり、女性や子供、キリシタンをかくまった人々もまきこんで この地で100名近くの人々が処刑され、江戸全体では、2000名近くの人が殉教しました。
 これらの殉教者を称えて、聖堂前庭には 「江戸の殉教者の顕彰碑」が建てられています。
高輪教会は、殉教地に近い教会であることから 「殉教者の元后聖マリア」に捧げられており、毎年11月下旬に「江戸の殉教者記念祭」を開催しています。今年は11月17日(日)です。

(江戸の殉教者記念祭実行委員会)



2019年07月30日(火) 「ざくろざかVol.115」巻頭言「洗礼 ― キリスト道の始まり」(赤岩師執筆)を掲載しました


2019年10月27日(日) 港品川宣教協力体合同堅信式(受堅申込締切:7/31)

今年の宣教協力体の合同堅信式は10月27日(日)14時30分から高輪教会で菊地大司教の主司式により執り行われます。

 事務室に案内と申込書を用意しましたので、対象者は必要事項を記入して、7/31(水)までに主任司祭もしくは事務室宛に提出ください。
参加のための要件等その他詳細は案内書をご参照ください。



●堅信のための勉強会について

※基本的に所属教会での受講となります。継続してご参加ください。

1)18歳以上の方

勉強会日時
8月18日(日)、9月8日(日)、10月6日(日)の11時半 (1時間)
会場
カトリック高輪教会

2)中高生堅信準備勉強会(中高生対象)

勉強会日時
9月8日(日)10月6日(日)13時(1時間)
この他合宿(10月13日~14日)の13時(1時間)
会場
カトリック高輪教会

(教会委員会事務局)



2019年08月31日(土) ガーデンパーティ 中庭にて(16:00~18:00)

今年のガーデンパーティの日程が決まりましたのでお知らせ致します。
多くの方のご参加をお待ちしています。

日時 2019年8月31日(土)夕方4時~6時
場所 教会中庭・ホール ※少雨決行(雨天時はホール)
会費 大人1人2,000円、中高生1人500円、小学生以下無料
申込方法 事前の参加申込みは6月30日(日)から8月25日(日)まで聖堂入口付近に掲示する申込表にお名前と人数をご記入ください。

※高輪教会の信徒の方、教会に来られている未信者の方、ご家族連れ、 どなたでもご参加いただけます。
季節柄まだ暑い気候が予想されますが、夕涼みをしながら食事と飲物を囲んで楽しいひとときをお過ごしください。



2019年08月15日(木) 聖母の被昇天ミサ 10時~

今年の【聖母の被昇天の祭日】 のミサは下記のとおり行います。

日時 8月15日(木)10時~
場所 カトリック高輪教会 聖堂

※9時50分からロザリオの祈りを致しますので、各自ロザリオを持参願います。
※当日の朝ミサはありません