カトリック高輪教会

「ざくろざか」巻頭言バックナンバー一覧

<ジェラルド・ケリー神父>


1959年から1970年まで主任司祭

カナダに本部を置くスカボロ外国宣教会で叙階され、1949年来日して、高輪教会初代主任司祭として11年間高輪の地で宣教しました。 1959年11月22日に高輪教会が産声をあげますが、来日からの10年間を振り返り、「10年にわたる私達の希望と祈りとが(一時は絶望と思われたことさえありましたが)神の摂理によってここに実を結ぶに至ったのであります」と小冊子に記しています。さらに「高輪教会に誇るに足るものがあるとすれば、それは江戸の殉教者の反映に過ぎないのであります」と高輪教会の使命をはっきりと示しています。神父を知る人は、とてもウィットに富んだ近づきやすい方で、老若男女貧富の差別なく誰にでも温かく接してくださったと語っています。
1981年12月14日 58歳の誕生日翌日に帰天

ケリー神父様に導かれて

森村学園の直ぐ手前の持田邸が教会になったと言う事で、偵察に出掛けたのが1959年の11月だった。

教会の石垣の下から新しく出来上がった教会とキリスト像を見上げている時に一人の背の高い、一見怖そうに見えた外国人神父が「シンジャサン デスカ?」と声をかけてくださったのが教会との最初の出会いでした。

僕はその時は「No!違います」と答えると神父様は「明日この教会の献堂式があります。是非きて下さい」流暢な日本語でお誘いを受け、次の日に幼友達のもう一人の悪餓鬼と恐る恐る教会を訪ね一番後ろの席に陣取ったのを覚えています。

ミサの最中は祈りの言葉も知らず、立ったり、座ったり、跪いたりするタイミングが全く合わず、一人で恥ずかしい思いになっていました。 幼友達は途中でいたたまれず逃げ出して帰ってしまいました。

僕は途中から逃げ出す勇気も無くて結局最後まで居たのです。 式次第がようやく終ってさあー逃げ出そう、帰ろうと思って居た処を前日お会いした神父様が飛んできて「良くいらっしゃった。これから集会所でパーティがありますからいらっしゃい」と言って集会所までエスコートしてくださいました。

それにしても、献堂式と言う重要な催しものの最中で、多くの教会関係者や大司教様がいらしているにもかかわらず、僕を見つけて集会室まで連れて行ってくださいましたケリー神父様には、父親以上の親近感を味わったものでした。

(堀川 忠 様)



<ミカエル・カックス神父>


1970年から1979年まで主任司祭

1923年にカナダで生まれ、1951年秋に来日以来50年間日本で宣教活動に専念し、ケリー神父の後任の主任司祭となりました。 優しい性格で謙虚と質素を貫いた司祭の日常生活は、「生まれながらの神父様」と言われていました。日本語がとても上手で人の話によく耳を傾け、驚くほどの記憶力の持ち主でした。
2003年4月9日 カナダで帰天

カックス神父様の思い出

日本語が大変堪能な神父様でした。
私が知る歴代のスカボロ会の神父様の中でも傑出していたと思います。

特に印象的だったことの一つは、20分ほどの日本語でのお説教の原稿が全部ローマ字で書かれていて、正確な日本語だったこと。
もう一つは、当時、旧漢字で書かれていたミサ典書の日本語を全くつっかえることなくお読みになることでした。
中学生になってミサ答えを始めた私ですら読めなかった旧漢字の「體」はカックス神父様から教わったものでした。

またとっても穏やかなでゆったりした神父様でした。
前任のケリー神父様時代にミサ答えを始めた私は、ミサの始めに司祭と侍者とで唱えるラテン語のお祈り "階段祈祷" を早口で唱える癖がついていました。
ケリー神父様が気が短い方で、階段祈祷はいつも超特急で唱えねばならなかったからでした。 カックス神父様は階段祈祷もゆっくりと、且つはっきりと唱えられ、「ゆっくりでいいですよ」と優しく諭してくださいました。

私が所属していた青年会では様々な活動をしていましたが、当時三田にあったセントメリースクールのテニスコートを借りて時々テニスを楽しみました。
カックス神父様もお誘いしてご一緒した時、神父様は黒のスータンのままでテニスをされ、大きなおなかにもかかわらずドロップショットに猛ダッシュして打ち返されるのでびっくりすると、「修道院ではテニスのチャンピオンでした。あの頃はずっとスリムでしたよ。」と悪戯っぽくお笑いになったのを今でもよく覚えています。

神父様が休暇を兼ねてカナダに一時帰国をされた時、青年会で企画をした送別会で、「I Left My Heart in San Fransisco」を、神父様の故郷であるNova Scotiaに変えて「I Left My Heart in Nova Scotia」として歌ったらとっても喜んでくださいました。

中学、高校、大学時代の私の教会での活動の全てをカックス神父様が温かく支えてくださいました。
私にとってはまさに教会における父のような存在でした。

(岡田 洋二 様)



<岩橋 淳一 神父>


1979年4月から1984年4月主任司祭

スカボロ外国宣教会から東京教区に移管され高輪教会は、1979年4月に初めての邦人司祭岩橋神父を主任司祭に迎えました。新しい日曜学校をスタートし若者達が他教会からも集まってくるようになり、1981年の教皇ヨハネ・パウロ2世の来日をきっかけに青少年活動は一層活発になりました。広報誌「ざくろざか」も着任の年のクリスマスに創刊しました。1984年4月に高輪を離れるまで、「た・か・な・わソング」や1983年の江戸の殉教者祭で殉教者を讃える歌も作詞作曲して今に歌い継がれています。なかでも「ハレルヤ・クリスマス」は、作詞岩橋神父、作曲都倉俊一氏によるものです。
2014年10月24日 帰天

岩橋神父様の思い出

1979年。伝道館と呼ばれていた信徒会館の2階に岩橋神父様の執務室である主任司祭室がありました。
その扉はいつでもあいていいました。
岩橋神父様は、高輪教会が東京教区に移管されて初めて着任された教区の司祭でした。

ローマンカラーで、愛車のスカイラインGTに乗り、都内の複数のミッションスクールの授業に奔走し、小教区以外でもたくさんの役割をこなされていました。
タールを軽減する吸い口をつけてセブンスターを吸いながら執筆し、大きな声でおなかの底から笑い、こどもたちに「じゅんちゃん、じゅんちゃん」とよばれ、体をかがめて話を聞き、温かくて大きな手でずっしりと按手してくださいました。

いつもミッションに忠実で、突き動かされるように働いていらしたので、私たち若造も「何をしましょうか?」などとのんきに指示を待つことはできず、おのずと動いていたと記憶しています。

日本語が堪能でいらっしゃるのはもちろんでしたが、このことは、外国宣教会の神父様の言い回しに慣れていた私たちにとっては、意外と大きな衝撃で、普段の会話の中でも、あまりにストレートな表現に面食らっている大人たちを多く目にしたことも思い出されます。
教会学校は小学生を中心に、就学前のこどもたちのクラスと中学生のクラスを開設し、高校生にはリーダー講習、親世代には、父母会ができました。ミサの後の伝道館は一階も二階も離れのマリアンナの家も中庭も、いつもたくさんの人でごった返していました。教会活動を遠巻きにしがちなお父さん世代の心もしっかりつかんで、おのおの得意分野での奉仕が生かされて活気あふれる教会でした。広報誌「ざくろざか」が誕生。こどもたちは、主日のミサだけではなく、遠足、野外ミサ、サマーキャンプ、クリスマスパーティー、バザーなどで活躍するたくさんの大人を見て仲間と一緒に育っていきました。

テルテル坊主のような「淳ちゃんマーク」とともに思い出されるのは、岩橋神父様がデザインされた高輪教会のTシャツです。神父様が大事にしていらした「自然」と「こども」と「平和」をあわせたデザインで、ラテン語で、「主の平和がわたしたちとともに」と記されました。
こどもとともにささげるミサでは、神父様は祭壇の前に立ち、こどもたちに近づいて、いつも言葉キャッチボールのように聖書のメッセージを届けてくださいました。ミサは「うけるもの」ではなくて「あずかるもの」で、「対話だ」と実感したものでした。

城南ブロックの青年会の連絡会も復活し、静修会、江戸の殉教者記念祭フォークミサ企画などを行いお互いの教会訪問を頻繁に行うようになりました。そうして、80年夏の全国カトリック青年大会が長崎で行われたときには、東京教区の城南ブロックの青年団も結成し、城東、城西ブロックなどとも交流を深めながら参加することができました。
小教区にとどまらず、「ITE MISSA EST」という派遣の言葉そのままに、小さな信徒一人一人を祝福とともに日々の生活、社会に送り出してくださいました。

1980年の秋に、翌年の教皇様の来日が決まると、高輪教会には、教皇来日青年準備委員会の事務局が設置され、半年に満たない準備期間に東京教区白柳大司教様から企画準備を一任された、われらが親分の岩橋神父様をどうにかサポートし、青年らしいおもてなしを成功させようと教区の青年有志が時間、知恵を出し合って活動しました。

遠いバチカンのパパ様を尊敬する大好きなおじさんのようにお迎えすることができたのは、岩橋神父様とともにみんなで苦しみながらも必死に準備したおかげではなかったでしょうか?
神学生も常駐し、「召命」「叙階」も身近に経験することができたのも、岩橋神父様が教区の神学生の指導もお引き受けになったからです。

神父様が主任司祭でいらした5年余りは、高輪教会信徒にとって大きな革命的出来事の連続で、神様の呼びかけはいつも全く予期せぬときに、どうにも避けられないように降りかかることを体験させていただき、神様に信頼して乗り越えられないものはないということをたくさん経験できた時期でした。わたしにとっては、高校3年から、大学4年間そして就職までというまさに人生の大きな分岐点で信仰をはぐくむことができました。

上野教会の主任司祭でいらした2010年の暮れに不慮の事故に遭われ両手足の自由を奪われ、呼吸を確保するために声も失うという苦境の中でも、じっとベッドに横たわっていても、神様を近くに感じ、ご自分の使命を思いめぐらしていらしたと思います。1年たたずに声を取り戻されたときには、もう一度「羊飼いのうた」が聞きたいとおもったのですが、歌の発声は難しいんだよ。とおっしゃっていました。2014年10月24日に入院先で亡くなられましたが、わたしたちの心にともしてくださった光、「自然」「こども」「平和」をだいじにすること、そして、今にとどまらないで、「ITE MISSA EST」と踏み出していくことをもう一度思い出そうと思います。

(三溝 真季 様)